過払いをした場合の対処法

過払い金について詳しく話していきます。


過払い金とは払い過ぎた利息のことを指します。
過払い金が生じた場合は誰でも返してもらうことが可能となっています。

グレーゾーン金利などで多く払った分を取り返すには手続きを踏む必要があります。消費者金融やクレジット会社に向けて借りた金額の利息制限法の上限を超えて取り続けた場合の利息のことを過払い金と言います。

法律の中で総額10万円から100万円未満の場合は年に利息18%以上は取ってはいけない法律となっているので、自身が払ってる利息が年利18%を超えているなら注意しなければなりません。

ただしこれは返還期限が定められており、10年経過する前に請求しないと、請求する権利を失うため注意が必要となります。

また消費者金融会社が倒産した場合も請求する権利を失う点も覚えておいてください。

多額に払ってるかチェックしたい場合などは、過払いチェッカーで検索すると自分の借りてる金額と月ごとに返しているお金と期間などでチェックしてもらうことが可能となります。

すごく便利なエキサイトニュースの情報が豊富です。

チェッカーで該当した場合などは直ちに請求を行ったほうが良いです。


その場合はまずは弁護士事務所に相談へ行くのが良いです。

レイクの過払い情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

無料相談を受け付けてくれている事務所などもあるのでまずはそちらで話を聞いてもらい、金額が多額だった場合のみ手続きを踏むほうが良いと思います。金額が少ないと弁護士費用の方がかかってしまうし時間がかかる点に注意がしてください。